Last Updated 2019/9/15 
 
 TOPマスター情報病名検索病名くん2.0病名さん Android病名さん iPhone  
TOP
病名マスター情報
運用補助マスター
病名くん2.0
病名さん Android版
病名さん iOS版
関連文献・資料
作業班について
オンライン病名検索
ICDコードでも検索できます
ICD階層病名ブラウザ
 
標準病名マスター活用ソフトウエアパッケージ disPACK

開発・提供:東京大学医学部附属病院企画情報運営部

標準病名マスター活用ソフトウエアパッケージ disPACK は、(財)医療情報システム開発センター(MEDIS)から提供されているICD10対応電子カルテ用標準病名マスター第2版を効果的に利用するためにソフトウエア・ライブラリで、東京大学東京大学医学部附属病院中央医療情報部の大江和彦が富士ゼロックス情報システムDS事業部とともに開発したものです。
disPACKは、一般の病名入力者が使うソフトではなく、病名入力用のソフトウエアを開発する人が使うものとして開発されています。
しかし、disPACKを構成するソフトウエアのうち病名検索用のサンプルプログラムdisFINDERは、そのままの形で病名入力する人が標準病名マスター第2版の概要を知るために使ってみることはできます。
disPACKは、WindowsのDLLやソースコードで提供され、誰でも無償で使えます。臨床階層メニューからの病名検索、キーワード検索、修飾語入力、ICD10コード化、MEDIS病名情報交換コード生成などが簡単にできます。ソフトウエアを開発する人が使うものですから、使用にあたってはWindowsのプログラム開発に知識が必要です。


disPACK Windows DLL版 V1.01(最新版) のページへ
V1.01の主な更新(2003/10/3)
disBOX1 互換病名検索・コーディング注意情報検索を追加。病名キーワード検索(AND検索)を追加

V10.1の更新情報の詳細は、ドキュメントの「改版履歴」をご参照ください。

disPACK Java版 V1.0 のページへ
2003/11/26公開


問合せ先 kohe@hcc.h.u-tokyo.ac.jp (東大病院企画情報運営部 大江和彦)

(C)標準病名マスター作業班